森林セラピーで心に栄養を与えた後、更に癒されたい!と欲張って「もりのす」でビタミントリートメントを受けてきました!

リラックスする為には、空間の演出も必要だと思います。「もりのす」自体が内装など、森ガールにピッタリな、かわいらしいテイストのホテルになっているんです。

ビタミントリートメントを受ける個室は、白い内装にマッチするよう、木目のドレッサー、テーブル、入れ物は籐でできたもので統一感と安心感を感じます。

まず、カウンセリングを約5~10分ほど受け、その日の体調や、ここ最近の肌の調子などを問われます。カウンセリングを元に、その日の自分に合ったセラリキッドを、4種類の中から選びます。私が選んだのは香りが大好きなゼラニウム。最近、体調を崩しがちだったのでゼラニウムの持つ免疫力向上の効果と、事前に体験した森林セラピーとの相乗効果に期待です! そして、ワンピースタイプの施術着に着替えたら、いよいよビタミントリートメントの開始となります。私は、ボディコース100分でお願いをしました。

さて、ビタミントリートメントとは、天然ビタミンE配合のオイルによるハンドトリートメントで「もりのす」で今年4月から始まりました。アロマトリートメントを行っている店舗は最近ではよく見かけるようになりましたが、このビタミンE配合のセラオイルを用いた、ビタミントリートメントは山陰ではまだ「もりのす」でしか体験することができません。

ビタミンEのアンチエイジング作用と、精油のアロマ効果が実感できるという、2度おいしいトリートメントとなれば、美容に関心がある女性なら、気になりますよね。

エッセンシャルオイルに一時、凝っていたことがあるのですが、本当に良いオイルというのは肌にスーッと浸透していくので、ベタツキ感がないんです。「もりのす」で使用されているセラリキッドは、ベタツキ感はないのに、施術後の肌はしっとりしていて、香りもしばらくは残るので、帰りの車の中がゼラニウムの香りで広がり、良い気分で運転できました。

施術途中、「腕が冷たくなっていますが、お部屋の温度は適温ですか?」とハンドトリートメントだからこその、スタッフさんのお気遣いがとても嬉しかったです。聞き上手で、柔らかい雰囲気を持ったスタッフさんだったので、会話でも癒されました。

施術が終わると、森林セラピーからリラックスし続けている私はその日「もりのす」に宿泊予約をしていなかったことを後悔しました・・・ ビタミントリートメントで普段の体のコリの緊張状態が解き放たれたまま、休めれば日頃の疲れも更に、解消できるかと思います。というわけで、次回は是非「もりのす」に宿泊したいと思います!

ビタミントリートメントは女性のみ対象のサービスです。お母さん、奥さん、友人など大切な人への日頃の感謝を込めて、プレゼントするのにも良いと思います。

森林セラピー、ビタミントリートメントと今回は飯南町の〝癒し″の部分を体験してきたわけですが、往路ではいちょうの葉が舞っていて、復路では虹が2本も見えて「良いところだな~」と深く感じました。

この秋のお出かけに、実りの秋豊かな飯南町へ是非行ってみてください。


※ビタミントリートメントは、2015年に営業を終了しています。

「もりのすshop セラオイルが購入できます。道の駅赤木高原にも同shopがあります!」の拡大写真

「1Fロビーにある薪ストーブ ストーブを囲んで談話も良いですね」の拡大写真

「ビタミントリートメントの施術台  写真では切れてしまっていて残念ですが、手作りリースがかわいいです」の拡大写真

「2Fロビー 陽が注ぎこみ、気持ち良いです」の拡大写真

「木の良い香りが漂ってくるステキな階段」の拡大写真

「ビタミントリートメント終了後に出していただいた三年番茶ともりのすクッキー おもてなしの心が伝わります♡」の拡大写真