程なくして、とても大きい鳥居がみえてきました。その奥には、千本あまりの鳥居が山に沿い、くねるように伸びています。非日常的な光景に思わず見入ってしまいますが、ぼーっと見ていてもしかたない!階段を登ります。

そして、境内へ到着。広々とした空間にどしっと構えた太皷谷稲成神社は日本五大稲荷の風格を漂わせていました。ここから少し坂を下って城跡観光リフトの乗り場へ。

「太鼓谷稲成神社1」の拡大写真

「太鼓谷稲成神社2」の拡大写真

「城跡観光リフト」の拡大写真

順調に中腹まであがったら本丸まで案内板を目印に山道を行きます。多少くねくねと、また、段差もありましたが、初心者の私でも登り切り、本丸最高所(三十間台)に到着です。

景色が何ともいい!遮るものはなく、真下に下界を望み、上にあるのは空ばかりです。澄んだ空気と涼やかな風を感じながらの休憩もゆったりとでき、クールダウンの心地よさと達成感をしっかりと味わいました。

津和野城跡からの眺め1ちなみに、9時にスタートして10時に津和野城跡に到着し、下山、津和野の町についたのが10時50分ごろでした。(お天気が良ければ1時間30分でいけそうです。)津和野の街並みや、堀割の鯉を眺めていると、お昼の時間に。午前中の間に、たっぷりと津和野を楽しむことが出来ました。午後からは、美術館などに行ってもよし、本州で一番美しい星空が眺められる、にちはら天文台へむかってもよし、充実した一日になること間違いなし。また、4つのおすすめコースを午前と午後といったかたちに組み合わせるのもいいですね。

「帰路のリフト」の拡大写真

「津和野の町」の拡大写真

「殿町通り散策」の拡大写真