秀吉の中国方面軍において、盟友としてともに戦った戦国武将「仏の茂助」こと「堀尾吉晴」、「山陰の麒麟児」こと「山中鹿介」。神々の国出雲の地でご縁がめぐり、二人の名将にゆかりができた「月山富田城」。そして、国宝となった「松江城」。二つの城とゆかりの銅像をめぐるスタンプラリーを実施します。

詳しくは⇒松江観光協会「水の都松江」へ