島根三大祭りの一つでもある祇園祭は、神興が町内を練り歩き、町内外の見物客で賑わいます。
今から268年前疫病鎮護の神、京都祇園社を勧請されてより、神興渡護と竿灯を中心とした伝統ある祭として引き継がれています。
21日の20時からは、約1,600発(予定)の豪華な花火が打ち上がります。

日程 平成30年7月19日(木)~7/21日(土)
場所 広瀬町内(花火は富田橋南より

詳しくは⇒安来市観光協会へ