旧暦元日の午前1時に出雲大社神楽殿行われるお祭り。この夜だけが神楽殿内に忌籠もることが許されることから、俗に「子(ね)の刻まいり」あるいは「ねごもりまつり」といわれています。お祭りが終わると神楽殿内に張り巡らされたしめ縄の紙垂の取り合いが始まります。この紙垂は、悪病・悪虫・災難を取り除き、開運招福の御利益があると言われています。午前2時頃からは、「福神純金御像」などの福神御像(金、銀、銅、木)が授与される「福授け抽選」が行われます。

日時:平成31年2月5日(火)午前1:00 ~
場所:出雲大社 神楽殿

詳しくは⇒出雲観光協会「出雲観光ガイド」へ