市民・地域が躍動し、希望に輝く益田

住所 〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1
電話 0856-31-0100(代表)

益田市は、島根県の西端にあり山口県と接しており、北は日本海を望み、南は中国山地に至る、山陰と山陽を結ぶ交通の要衝地です。
益田市の町並みには、鎌倉から室町、安土桃山時代にかけておよそ400年の益田氏の統治時代に建設された城館(三宅御土居)や城下町など、様々な文化財が色濃く残っています。また、歌望「柿本人麿」、画聖「雪舟」ゆかりの地として多くの観光客に親しまれている他、年間を通じて伝統芸能「石見神楽」を鑑賞していただくことができます。
特産品としては、ANA国内線機内販売で売上1位を獲得した「ゆずサイダー」をはじめとする美都町産のゆず関連商品、鮎や鴨島はまぐり(殻長7センチ以上)、わさびなどの清流高津川の恵、その他メロン、ぶどう、トマトなどがあります。益田市ならではの歴史・文化・食をお楽しみください。

石見神楽 鐘馗

高角山公園 人麻呂と依羅娘子の銅像(続きは『しまねステキ写真館』へ

データ

人口  45,911人 
世帯数 21,480世帯
面積 733.2km2
市の花  水仙
市の木 欅(けやき)
市の鳥・魚 アユ

祭・イベント

益田まつり(4月中旬)、匹見峡春まつり(5月3日)、ますだ祇園まつり(7月下旬)、高津川いかだ流し大会・水泳マラソン大会(7月下旬)、益田水郷祭(8月上旬)、匹見こいこい夏祭り(8月14日)、柿本神社八朔祭流鏑馬神事(9月1日)、萩・石見空港マラソン全国大会(10月中旬)、みとふるさと祭り(11月3日)、七尾まつり・益田天満宮祭(11月3日)ますだ産業祭(11月上旬)、石見神楽共演大会(12月上旬)

 

特産品

メロン、ブドウ、うるか(鮎)、ゆず、わさび、木工品、トマト、ハマグリ、イチゴ、西条柿

 

公共的宿泊施設

みと自然の森(山小屋)(0856-52-2212)
匹見峡温泉やすらぎの湯(0856-56-1126)
匹見峡レストパーク(ケビン)(0856-56-0341)

 

観光・レクリエーション施設

雪舟庭園(医光寺・萬福寺)、高津柿本神社、三里ヶ浜海岸、万葉公園、美都温泉、みと自然の森、双川峡、ひだまりパークみと、匹見峡、匹見峡温泉やすらぎの湯

 

主要定住施策

空き家バンク制度、益田市空き家改修事業補助金制度、UIターン者奨励金交付事業、新卒者就労奨励金交付事業、地域魅力化応援隊員事業

※データの参照元:島根県 市町村データブック 平成30年版

 

益田市関連のWEBサイト

益田市 公式サイト
益田市観光協会 懐かしの街益田市
美都町特産観光協会
ひきみ情報サイト==匹見地域からの情報発信==