ココドコ

奥出雲町

奥出雲町

  • トロッコ列車
  • 船通山 剣の舞
  • トロッコ列車から見る奥出雲おろちループ橋
  • トロッコ列車から見る奥出雲おろちループ橋
  • 鬼の舌震

心豊かで潤いと活力のあるまちづくり

奥出雲町は、島根県の東南端に位置し、中国山地の嶺を隔て広島県と鳥取県に接しています。奥出雲の地は、古事記、日本書記の八岐大蛇退治や、素盞鳴尊(スサノオノミコト)が降臨したと伝えられる出雲神話発祥の地です。そして、古くから「たたら」製鉄が栄え、今でも世界で唯一、古来の「たたら」操業を行い日本刀の原料となる「玉鋼」を生産しています。斐乃上温泉・亀嵩温泉・佐白温泉などの温泉施設があり、この3つの温泉を『奥出雲美肌温泉郷』と言います。トロッコ列車「奥出雲おろち号」や国の名勝・天然記念物に指定されている「鬼の舌震」では、奥出雲の大自然を満喫できます。2013年には、「鬼の舌震」で「舌震の"恋"吊橋」とバリアフリー遊歩道が全開通しました。全国米・食味分析鑑定コンクールで金賞を受賞している『仁多米』、品評会で数々賞に輝いた『和牛』、うま味が凝縮された『舞茸』『椎茸』、奥出雲町産そば粉を使用した『そば』、清らかな水と仁多米から作られる『地酒』は多くのコンクールで賞を受賞するなど食にも恵まれています。

おすすめを見る 現地レポートを読む 祭・行事
ボタン おすすめを見る 現地レポートを読む 祭・行事

まちのデータ

  • まちの人口 11,570人
  • まちの世帯数 4,800世帯
  • まちの面積 368.0km²
  • まちの花・木 しゃくなげ・もみじ
  • まちの鳥・魚
  • まちの特産品