このページの本文へ

しまね市町村(まち)ナビ

島根県19市町村の魅力発信中!

このページの位置
ホーム > しまねステキ写真館

しまねステキ写真館

新着写真一覧

「金光寺」の拡大写真
【海士町】金光寺
【海士町】金光寺

標高164mの金光寺山山頂にあり、山頂まで車で来ることができます。
海士町だけでなく、西ノ島や島後(隠岐の島町)も望めます。

☆金光寺山(海士町観光協会)http://oki-ama.org/information/274.html

「『原鹿の旧豪農屋敷』の出雲流庭園」の拡大写真
【出雲市】『原鹿の旧豪農屋敷』の出雲流庭園
【出雲市】『原鹿の旧豪農屋敷』の出雲流庭園

新座敷2階からの眺め。飛石、短冊石と砂利敷きでまとめられた枯山水の庭園。長さ4.6mの短冊石は日本最大級! 見学無料です。

「七尋女房岩(ななふろにょうばいわ)」の拡大写真
【海士町】七尋女房岩(ななふろにょうばいわ)
【海士町】七尋女房岩(ななふろにょうばいわ)

高さは6メートル。幅は2メートル。
その昔、海士町西区の侍が馬に乗って日須賀へ向かう途中、七尋女房が現れ、刀で切りつけたところ石に化けてしまった。という言い伝えのある岩です。

「木路ヶ崎(きろがさき)灯台」の拡大写真
【海士町】木路ヶ崎(きろがさき)灯台
【海士町】木路ヶ崎(きろがさき)灯台

中ノ島(海士町)の南端に立つ灯台。
知夫里島(知夫村)、西ノ島を間近に見ることができます。木路ヶ先灯台の前の海は、島前の内海(島前カルデラ)と日本海を結ぶ3つの海峡の中で一番広く、「大口」と呼ばれているそうです。
詳しくは⇒木路ヶ崎灯台(海士町公式サイト)

「田んぼの生き物調査」の拡大写真
【吉賀町】田んぼの生き物調査
【吉賀町】田んぼの生き物調査

吉賀町注連川の無農薬で栽培している水田や水路を会場に開催される、生き物調査の様子。(提供:吉賀町観光協会(新しいウィンドウで外部サイトを開きます)

「安来公園」の拡大写真
【安来市】安来公園
【安来市】安来公園

安来市で桜といえばここ!その季節でなくても安来市街地を見渡せる、眺めのいい公園です。

安来市観光協会のサイトで詳しく☆

「上の台 緑の村 で出会った羊さん」の拡大写真
【安来市】上の台 緑の村 で出会った羊さん
【安来市】上の台 緑の村 で出会った羊さん

穏やかで優しい雰囲気に癒されました・・ 

「上の台 緑の村」の拡大写真
【安来市】上の台 緑の村
【安来市】上の台 緑の村

コテージ、キャンプ場などの宿泊施設などがあります。晴れていれば眺めもよさそうですよ。

安来市観光協会のサイトで詳しく

「子取りの狛犬(美田八幡神社)」の拡大写真
【西ノ島町】子取りの狛犬(美田八幡神社)
【西ノ島町】子取りの狛犬(美田八幡神社)

美田八幡神社については、しまね市町村ナビ自由帳にも掲載中です。

「由良比女神社」の拡大写真
【西ノ島町】由良比女神社
【西ノ島町】由良比女神社
「鬼舞展望所から望む知夫里島」の拡大写真
【西ノ島町】鬼舞展望所から望む知夫里島
【西ノ島町】鬼舞展望所から望む知夫里島
「鬼舞展望所」の拡大写真
【西ノ島町】鬼舞展望所
「国賀めぐり定期観光船 乙姫御殿からの眺め」の拡大写真
【西ノ島町】国賀めぐり定期観光船 乙姫御殿からの眺め
【西ノ島町】国賀めぐり定期観光船 乙姫御殿からの眺め
「白谷神楽社中(七夕祭り)」の拡大写真
【吉賀町】白谷神楽社中(七夕祭り)
【吉賀町】白谷神楽社中(七夕祭り)

毎年柿木青年部によって開催される七夕祭りで行われる白谷神楽社中の上演。(提供:吉賀町観光協会

「水源祭」の拡大写真
【吉賀町】水源祭
【吉賀町】水源祭

清流高津川の水源、大蛇ヶ池で行われる雨乞い神事に由来する勇壮な祭り。藁の大蛇を池にくぐらせ、樹齢千年と言われる一本杉に巻き付けて雨を願います。(提供:吉賀町観光協会

「島根県立万葉公園」の拡大写真
【益田市】島根県立万葉公園
【益田市】島根県立万葉公園

万葉の世界に触れることのできる公園。
広大な敷地には、植物園やオートキャンプ場、グラウンドや子どもの広場、多目的休憩所、庭園など、様々な施設があります。
しまねまちナビ自由帳にも掲載中です。


「高津柿本神社」の拡大写真
【益田市】高津柿本神社
【益田市】高津柿本神社

高津柿本神社は、柿本人麿の御魂を祀る神社です。
しまねまちナビ自由帳にも掲載中です。

「高津柿本神社 境内からの展望」の拡大写真
【益田市】高津柿本神社 境内からの展望
【益田市】高津柿本神社 境内からの展望

高津柿本神社は、柿本人麿の御魂を祀る神社です。
高台にあるため、境内からこの景色を眺めることができます。
しまねまちナビ自由帳にも掲載中です。

「浜田マリン大橋の夕日」の拡大写真
【浜田市】浜田マリン大橋の夕日
【浜田市】浜田マリン大橋の夕日

『2015浜田市デジタルフォトコンテスト入賞作品』

浜田マリン大橋(浜田市観光協会ポータルサイト「はまナビ」)

「須佐神社前」の拡大写真
【出雲市】須佐神社前
【出雲市】須佐神社前

須佐神社の鳥居前(須佐神社と天照社との間の道)にある、干支の方位石。
須佐神社については、出雲観光協会ホームページ『須佐神社』(特集記事)(新しいウィンドウで外部サイトを開きます)をご覧ください。

「三宮神社の夜神楽」の拡大写真
【浜田市】三宮神社の夜神楽
【浜田市】三宮神社の夜神楽

石見の国三宮として知られる、三宮神社。 土曜日に夜神楽が披露されます。
詳しいスケジュールは、浜田市観光協会の公演スケジュールをご確認ください。

「石狐の表情」の拡大写真
【出雲市】石狐の表情
【出雲市】石狐の表情

須佐神社境内にある『稲荷社』の石狐。
ご参拝の折には、御稲荷様にもお参りしてみてくださいね。
須佐神社については、出雲観光協会ホームページ『須佐神社』(特集記事)をご覧ください。

「素鵞社(そがのやしろ)御本殿裏の岩盤」の拡大写真
【出雲市】素鵞社(そがのやしろ)御本殿裏の岩盤
【出雲市】素鵞社(そがのやしろ)御本殿裏の岩盤

『素鵞社』は、スサノオノミコトをお祀りする、出雲大社の境内摂社。
素鵞社については、自由帳『素鵞社と須佐神社』に掲載しています。

「須佐神社の拝殿」の拡大写真
【出雲市】須佐神社の拝殿
【出雲市】須佐神社の拝殿

須佐神社の拝殿。
大社造りの本殿は県指定の文化財として有名ですが、拝殿も素敵なんですよ。
須佐神社については、自由帳『素鵞社と須佐神社』に掲載しています。

「大杉さん(須佐神社)」の拡大写真
【出雲市】大杉さん(須佐神社)
【出雲市】大杉さん(須佐神社)

須佐神社御本殿の裏に立つ、樹齢約1,300年の『大杉』。
詳しくは、自由帳『素鵞社と須佐神社』に掲載しています。

「須佐神社のカメ」の拡大写真
【出雲市】須佐神社のカメ
【出雲市】須佐神社のカメ

須佐神社の境内、手水舎の横。良く見るとカメの形をした岩がありました。
参道を清めてくださっているようです。

須佐神社について、自由帳『素鵞社と須佐神社』に掲載しています。

「瑞々しい緑」の拡大写真
【飯南町】瑞々しい緑
【飯南町】瑞々しい緑

新緑の赤名湿地を散策したときの一枚。ふと目に付いた足元の葉っぱに惹かれてしまいました。
赤名湿地とは?⇒自由帳『しっとり、ひっそり、癒しの湿原。』に掲載中です。

「切り株からサルノコシカケ」の拡大写真
【浜田市】切り株からサルノコシカケ
【浜田市】切り株からサルノコシカケ

サルノコシカケ。
浜田市の"幻の広浜鉄道"今福線の鉄道遺構をめぐり歩いていたときに見つけました。
今福線とは?⇒自由帳『"幻の広浜鉄道"今福線の旅』に掲載しています。

「
【浜田市】"幻の広浜鉄道"今福線
【浜田市】"幻の広浜鉄道"今福線

浜田市と広島とを結ぶ鉄道として着工するも、戦前戦後と二度に渡る工事の中止により、未成線のままとなった幻の鉄道遺構。
見学に訪れたときの様子を、自由帳『"幻の広浜鉄道"今福線の旅』に掲載しています。

「西田ヨズクハデ」の拡大写真
【大田市】西田ヨズクハデ
【大田市】西田ヨズクハデ

大田市の有形民俗文化財。
大田市温泉津町の西田地区特有のはで干しの方法で、ヨズク(ふくろう)の形に似ていることから『ヨズクハデ』と呼ばれているそうです。
詳しくは、大田市観光サイト石見銀山ウォーキングミュージアムへ。

「ちょっと変わった苔模様(断魚渓)」の拡大写真
【邑南町】ちょっと変わった苔模様(断魚渓)
【邑南町】ちょっと変わった苔模様(断魚渓)

断魚渓の遊歩道で見つけました。
断魚渓とは?→自由帳『断魚渓に惚れ惚れし...』にて紹介しています。

「神楽淵(断魚渓)」の拡大写真
【邑南町】神楽淵(断魚渓)
【邑南町】神楽淵(断魚渓)

断魚渓は、江の川の支流、濁川(にごりがわ)が流れる渓谷。
しまねまちナビ自由帳にも掲載中です。

「断魚渓」の拡大写真
【邑南町】断魚渓
【邑南町】断魚渓

江の川の支流、濁川(にごりがわ)が流れる渓谷。
しまねまちナビ自由帳にも掲載中です。

「苔に生える可愛い草・・・(人麿遺髪塚)」の拡大写真
【益田市】苔に生える可愛い草・・・(人麿遺髪塚)
【益田市】苔に生える可愛い草・・・(人麿遺髪塚)

苔と小さな草と日差し。『人麿遺髪塚』で見つけました。
人麿遺髪塚って何?と思われた方は、よろしければ、自由帳『人麿さんを訪ねて...【その2】』をご覧ください。

「赤名観光ぼたん園」の拡大写真
【飯南町】赤名観光ぼたん園
【飯南町】赤名観光ぼたん園

牡丹の見ごろと言えば4月下旬~5月上旬ですが、標高500mの高地にある飯南町では、他の地域よりも遅い5月中旬~下旬頃に見ごろを迎えます。
赤名観光ぼたん園(飯南さとやまにや)

市町村別

テーマ別

ページの先頭へ